貝塚市・岸和田市・泉佐野市・熊取町・堺市・大阪市の方でトランクルーム・貸し倉庫をお探しなら、トランクルーム貝塚へ!

昨日(2006年6月25日)で改装が終了。本日よりトランクルームの館内見学と申し込みの受付を開始しました。

先日の朝日新聞の記事の効果で連日かなりの問い合わせがあり、午前中から早くも何人かのお客様が来られました。

初日としては、まあまあの盛況ぶりでした。これに気を弛めず、基本であるポスティングに精を出して行きたいと思います。

今後とも、トランクルーム貝塚をよろしくお願い申し上げます。



先日、朝日新聞朝刊の大阪版で、弊社が紹介されましたが、その中で、弊社トランクルームの記事は、想像していたより、かなりデカデカと掲載していただけたお陰で、普段あまり連絡のない高校や、大学の友人、親戚、サラリーマン時代の同僚、当時の得意先、この間までやっていた繊維関係者やら近所のおっちゃん、おばちゃんまで「見たで」の連日の電話。

勿論、お客さんからの問い合わせも急に増えました。改めてマスコミの影響力の凄さを感じました。

お問い合わせを頂いたお客様、また、お声を掛けていただいたご近所の皆様。本当に有りがとうございました。

感謝!



トランクルーム貝塚が朝日新聞大阪版に掲載されました。

以下のように、朝日新聞大阪版に、弊社のトランクルームが掲載され、たいへん、嬉しく思っております。努力は必ず実を結ぶ。と思える出来事でした。

null

■男49歳、時代の流れにゃ負けへんで(2006/6/21)
貝塚の工場を閉め、転身の笹谷さん
泉州の地場産業として57年続いた織物工場を閉め、家財道具などを預かるトランクルームに改築することで再起を図ろうと、ある社長が奮闘している。
織物では中国などからの輸入品の波にのみ込まれたが、今は新事業PRのため、チラシの投げ込みなどに励む毎日だ。
需要は未知数だが、「時代が求める事業だと思って、踏ん張りたい」と言葉にも力が入る。

もっと読む>



祖父の代より長年営んできた織物業を廃業し、2006年7月1日をもって、「トランクルーム」という仕事をはじめることになりました。現在、織物工場の内部を改装の真っ最中です。

連休明けから工事にかかっていますが、進捗は思い通りではありません。基本的に織物工場の屋台骨は、たいへん丈夫で、防音、耐震面では適しているのですが、これをトランクルームに改造となると、細かい作業が延々と続くのです。

また、建屋が完成すれば、お客様がすぐに。というわけには行かないでしょう。この工事中、ずっと夢で、チラシを配ったり、工事のことを考えたりと熟睡できていません。

一日も早く、便利にお使いいただけるトランクルームとなるよう、日々、努力の毎日です。





« トップページにもどる



お申し込み、お問い合わせはこちら

電話番号072-446-0798